サボりは1日にしてならず。

MENU

【美容、生活改善】オートミールの美容効果、ダイエット効果は本物なのか徹底検証!

はじめまして、きー(@sabori_key)といいます。

 

皆さんは食生活を気にしていますか?

 

俺はつい最近まで気にしていませんでした。

 

ただ、アラサーになったこともあり、ふと「このままじゃそのうち太ってしまうのでは…」とここ最近は不安に思っている毎日です。

 

やっぱりなるべくかっこよくいたいですからね。中年太りは避けたいのが本音です。

 

しかし、俺は運動が大嫌いです。

 

でも、太りたくない。

 

そのことを彼女に相談したら

オートミールがいいらしいよ!」

と言われ、気付けば翌日の朝ご飯からうちの食卓にはオートミールしか出なくなりました。

 

こうして始まったオートミール生活ですが、食べ続けてみるとそれなりに効果があったので自身の身体の変化について今日は書いていきます。

 

こんな人におすすめの記事です!

 

 

オートミール

オートミールとは、エンバク脱穀して調理しやすく加工したものである。 アングロアメリカでは燕麦を押し潰すかカットした加工品をオートミールと呼ぶ。また、粥状に調理したものを指す。それ以外の英語圏では燕麦を挽いた粉製品を意味する。※Wikipedia参照

 

俺は、麦のいらない部分を無理やり加工してなんとか食べられるものに仕上げたものだと思っていましたが、歴とした加工食品だそうです。

 

f:id:keykuuun:20210212110351j:image

 

写真だけ見ると、とても美味しそうではありませんが、本当に美味しくはないです。

 

人によっては、オートミールを食べはじめたはいいもののその不味さにリタイアをしてしまう方もいるとか…

 

ただ工夫次第では美味しく食べることも可能です。本日はその方法もご紹介します。

 

オートミールの効果

食物繊維、ビタミン、ミネラル、タンパク質と身体にいい成分が豊富なので、食生活の改善とともに美容効果も期待ができる

 

これだけ見るといいことばかりな気がしますが、真偽は定かではありません。

 

ということで、実際に9ヶ月食べ続けて、俺はオートミールの効果について検証をしてみました。

 

実際に食べ続けて現れた効果

  • 腹持ちが良く空腹感は感じづらい
  • 排便の頻度が上がった
  • 若返ったと言われるようになった
  • ダイエット効果は特にない

 

これが俺が感じた効果になります。

 

たしかにオートミールを食べるようにしてから午前中にお腹が空いてしまうということは少なくなりました。

 

あとは本当に便が良く出るようになります。

 

これが実感している効果になります。

 

また、ダイエット効果については正直あるとは言い切れないです。

 

100kgの人が1食オートミールに置き換えれば、痩せるだろうとは思いますが、標準体重〜痩せ気味の方が食べたところで大きく変化はしないのではないでしょうか?

 

俺は仕事柄1日中運動をしていますが、それでも体重の増減はありませんでした。

 

注意点

オートミールはいくら身体にいいと言われているとしても、食べ過ぎは絶対にNGです。

 

基本的にオートミールは1日に少量で大丈夫で、

1食当たり30g〜50gで十分と言われています。

 

また、3食でバランスを取れた食事にする事を心がけましょう。

 

さらに、味の観点から甘みを足す方も多いと思いますが、脂質や糖質を増やしすぎると、返って太りやすくなってしまうこともあるそうです。

 

しっかりトータルバランスを考えて摂取することをお勧めします。

 

ご飯などの炭水化物と食べ合わせてしまうと糖質を摂りすぎてしまう恐れもあるのでこちらも注意が必要です。

 

オートミールをおいしく食べるためのレシピ

  1. 耐熱容器にオートミールを入れて、水をオートミールが浸る程度に入れる
  2. 顆粒タイプの鶏がらスープの素(小さじ1杯)、味の素(少々)、生卵を入れて混ぜる
  3. 電子レンジ(600W)で1分程度加熱し、ごま油を垂らして完成

 

ただこれだけで格段に食べやすくなります。

なんなら美味しいくらいです。

 

いくら、身体にいいとはいえ、不味いものを食べ続けるのは苦行です。

 

まとめ

自身で無理のない範囲に美味しく食べることが継続の秘訣になります。

オートミールを取り入れることで得られるメリットは確かにあります。

 

ですが、食生活を改善するとなるとある程度の期間は続けなければ意味はないので、しっかり継続をされることをおすすめします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村