きーマガジン

きーマガジン

お役立ち情報を中心に情報発信をするブログ

【Apple Watch】購入検討している人に見て欲しい!1年使った使用感レビュー

ウェアラブル端末というのが主流になり街中でもスマートウォッチを見かけることが増えてきた。

 

かくいう私も2019年12月にApple Watchを購入し、今まで使用していた時計は手放した。

365日を経過したところでApple Watchを使用してみての感想を書いていこうと思う。

 

 

 

 

Apple Watch

まず知らない人のために…

Apple WatchApple社から発売されている時計型端末だ。

腕時計さながらに手首に巻きつけてiPhoneBluetoothで繋ぐことで様々なことができるようになるという代物。

f:id:keykuuun:20210210102355j:image

 

平たく言えば時計型補助端末。

あくまでも補助でありiPhoneとの連携は不可欠ということを忘れてはならない。

 

私なりの感想

私はApple Watch Series 3を使用しているのだが最新版はseries 6。つまり少し古い型式のものを使っているということをご理解いただきたい。

 

Apple Watchは文字盤をカスタマイズすることができるのでこういう感じで私は使っている。

 

f:id:keykuuun:20210210111951j:image

 

この形で使い続けているのだが、私が感じたメリット、デメリットはいくつかある。

 

メリット

  • 手元で通知を受け取れる
  • キャッシュレス決済が簡単
  • iPhoneでアプリを起動せず完結する
  • 健康管理ができる
  • Siriが便利

 

まず通知に関してだが、手元で受け取れるというのは非常に便利だ。

iPhoneと同じように通知するアプリを選択することもできるため必要なものを選別しておけば、基本把握漏れは起きない

 

そして、Apple WatchにはiPhone同様Wallet機能がついている。Suicaを登録しておけば何も操作をせずに決済機にかざすだけで精算ができる。これはなかなかに便利。地下鉄もこれで乗れてしまうのだ。財布を出したり、残高が足りないか不安になることはない。オートチャージをしようと思うと条件があるがチャージも簡単にできるので頻繁にSuicaを使う人にはオススメ。もちろん他のクレジットカードも対応している。

 

Apple Watchに対応しているアプリをiPhoneにダウンロードすることである程度のことがApple Watchでできるようになる。

スマホを出すことなくタスク管理や予定の確認をこなせるのは楽。

 

最後に健康管理。私は意識は低い方なのであくまでおまけなのだがそれでも健康を意識するようにはなった。

今日の消費カロリーや運動量が可視化されるのは面白い。

 

Siriに関してはかなり使いやすい。腕時計に話しかければある程度のことはしてくれる。電話をかけたり音楽を流したりと便利だ。『3分測って』といえば即座にタイマーが起動してカウントダウンを始める。手作業でタイマーを設定しなくていいのは何気に便利だ。

 

デメリット

  • 充電が必要
  • 対応アプリがまだまだ少ない
  • 文字盤の自由度
  • 資産にならない
  • 基本音声認識入力

 

さてここからデメリットなのだが、

充電持ちが悪い

おそらく2日連続で使おうと思うと途中で力尽きてしまうだろう。そのため毎晩充電が必要になる。またバッテリーは劣化をするわけだ。買い替えの必要がどこかしらで出てくるのは間違い無い。

 

そして対応アプリについてだが、たしかに手元でできることが増えるというのは便利。かと言ってApp Storeにあるアプリが全て対応しているわけではない。中にはApple Watchにあったら便利だろうが使えないものもある。

現在ではEvernoteが対応していたのだがアップデートによって非対応となってしまった。

 

文字盤に関しては私がseries3を使っているというのもあるのだが自由度が少ないように感じる。先日発売されたseries6、廉価版のSEではもう少し融通が効くようにはなっているだろうから購入されるならそちらがオススメ。

 

そして時計といえば資産。ではあるのだが、もちろん資産にはならない。もちろんバッテリーの劣化などで使用すればするほど価値は落ちるだろう。OMEGAやRolexほど高いものではないがだからこそ資産にはならない。

 

あとおまけではあるが、腕時計サイズの端末ということもあり文字は打てない。一応打つためのアプリはあるが使いづらいのでオススメできない。基本的に音声認識での利用がいいだろう。周りに人がいるとなにぶん恥ずかしい。

 

 

オススメできるか否か

ここで結論。

私が胸を張ってオススメできるのはこの3点に合致している人だ。

 

  • iPhoneユーザー
  • ビジネスマンでiPhoneをよく使う
  • あくまで生活を便利にしたい

 

この3点どれもに合致しているならApple Watchの導入を検討してもいいだろう。

 

なぜこの3点かというとあくまで私の主観なのだが、そもそもiPhoneでないと Apple Watchを使えない

使えなくはないかもしれないがフル活用はできないだろう。メイン機種でiPhoneを使っている人ならまだしもAndroid端末なら他にいいウェアラブル端末は山ほどある。しかもお値段もお手頃に。動作やインターフェースがどうかはわからないが…

 

それでもって手元でタスク管理や通知の管理をする際に真価を発揮すると私は考えている。電話などで連絡を頻繁に取り合う必要がある人にとってはかなり便利だ。

 

最後は蛇足も蛇足なのだが手首だけでなんでも完結するようになるため、ただ便利ということ。

スケジュールの管理や連携アプリを携帯なしで使いたいだとかそう思ってるのなら使ったらいいんじゃないだろうか。

 

個人的見解として

ここからは全く自分の話なのだが、

便利は便利だがないと困るわけではない

むしろ見た目だけで言えば普通に同じ価格で腕時計を買った方が見た目はいい。

じゃあApple Watchを新調するかと言われたらわからない。というのが私の答えだ。

Apple信者でもないためにパソコンもWindowsを使っているので実際フル活用はできていないとは思うが生活に必須かと言われたらそうでもないというのが答えとなる。

 

 

いつもにまして長い文章でApple Watchの使用感を体験してレビューしてみた。

誰かの参考になると嬉しい。