サボりは1日にしてならず。

MENU

【カードサイズの財布】SECRIDを1年使用して感じた良い点、悪い点

メンズの荷物の中で1番幅を取るものが財布だと思います。

 

と言うのは、女性と比べると持ち歩くものは少ないですし、そんなに大きな物を持ち歩くことがほぼありませんから、必然的に財布が普段持ち歩く物で1番大きいものになってしまうのです。

 

一般的な分厚い財布や長財布をお使いの方が多いと思いますが、スーツやタイトなパンツを穿いている時にポケットに入れてしまって、なんかダサい見た目になってしまったと言う経験はありませんか?

 

俺はあります。

 

長年ココマイスターの長財布を使っていたのですが、自分の持ち物を考えた時にこんなに大きい財布はいらないんじゃないか。と思いました。嵩張りますし、何よりキャッシュレスの時代ですから。

 

そんな時にネットサーフィンでSECRID というカードサイズの財布があると言う情報を見て勢いで購入をしました。

 

かれこれ1年以上使っているのですが、その使用感をレビューしていこうと思います。

 

小型サイフの購入を検討している人の参考になれば幸いです。

 

 

SECRIDは最高の小型財布

f:id:keykuuun:20210306115504j:image

SECRIDは最高の小型財布です。その理由をひとつひとつ紹介をしていきます。

 

ポイント① カードサイズ

f:id:keykuuun:20210306120022j:image

サイズ感はカードと同じ大きさです。

 

地味にかさばる財布を持ち歩くくらいならこれだけ小さい方がいいと俺は思いました。

 

ズボンの前ポケットに入れようが、スーツに入れようが邪魔にならないので、仕事中でもプライベートでもかなり使い勝手がいいです。

 

ポイント② 男心をくすぐるギミック

f:id:keykuuun:20210306120050j:image

SECRIDを購入した人の多くがおそらくこれに魅了されていると思います。

 

この財布は下部のレバーを引くと収納されているカードが飛び出す仕組みになっていて、ついついレバーを引きたくなってしまいます。

 

カードは被ることなく出てくるたので、使いたいカードを即座に取り出すことができるのもカードをよく使う人からしたら嬉しい機能です。

 

ポイント③ 財布とカードの両立

f:id:keykuuun:20210306120114j:image

小型サイフやマネークリップを使ったことがある人ならわかると思いますが、どちらかの収納に特化していて両立はとてもじゃないけどできないと言うパターンです。

 

しかし、このSECRIDはその両方をバランスよく住み分けしており、どちらも不自由なく使えます。

 

値段

f:id:keykuuun:20210306120212j:image

これだけ機能的だと気になるのはお値段だと思います。

 

価格は革の材質やカードの収納枚数によって変動するのですが、7,000円台〜14,000円台で購入が可能です。

 

実際に使ってみての感想

購入した理由に対して機能がどれだけ合致しているかが気になると思います。

サイズ感は言うまでもなくGOOD。

 

本当に手のひらサイズでどこに収納するのにも不自由しない大きさです。

 

カードを取り出すギミックも思いのほか頑丈で、結構レバーを引いていますが、今のところ壊れることなく使うことができています。

 

弱点

f:id:keykuuun:20210306120303j:image

キャッシュレスで生きている人なら使い勝手は悪くないですし、むしろこれほどまでに有能な財布を見たことはないだろうと思います。

 

しかし、俺が実際に使っていて、不便に感じたところもいくつかあります。

 

弱点① 小銭はほぼ収納できない

f:id:keykuuun:20210306120333j:image

申し訳程度にSECRIDにも小銭を入れるスペースがありますが、入って数枚というところです。

 

流石に小銭入れまで求めてしまうのは贅沢極まりないのはわかっているのですが、少し残念です。

 

メインターゲットがキャッシュレス生活を送る人だとは思うので、必要ないと言えば必要ないのですが…

 

弱点② カードの収納枚数は少なめ

f:id:keykuuun:20210306120402j:image

大量にクレジットカードやキャッシュカード、その他のカードを持ち歩いている人からするとこれもマイナスポイントだと思います。

 

5枚+αくらいのカード収納力しかないです。

サブポケットもフルに活用して10枚がギリギリ入るかどうかと言うところなので、カードを数多くお持ちの方には使いづらいかと思います。

 

弱点③ お札の収納はしづらい

f:id:keykuuun:20210306120828j:image

そもそもマネークリップ文化ではない日本なので、使い慣れるまではどうしてもお札をしまう時にもたついてしまいます。

 

このSECRIDも財布というよりはマネークリップに近い使い方をするので、お札を収納するポケットがあるわけではなく、プラスチック製のクリップにお札を挟み込んで収納をします。

 

慣れるまで、お札の収納は難しいと感じられると思います。

 

SECRIDを使うのにおすすめなのは、キャッシュレス生活をしている方

f:id:keykuuun:20210306120718j:image

そもそも商品に向き不向きがあるのかは疑問ですが、ある用途に特化している財布なだけに向き不向きも明確にあります。

 

SECRIDの購入に向いている人
  • 基本的にキャッシュレスで生活をしている人
  • 小銭を持ち歩かない人
  • 特定のカードを頻繁に使う人

 

逆にこれ以外の人はこの財布は使いづらく感じるかもしれません。

 

SECRIDの弱点を解決する

f:id:keykuuun:20210306120754j:image

商品なので弱点はつきものです。

 

今回のSECRIDに関しては弱点が解りやすいのでなおのこと対応がしやすいと思います。

 

俺は小銭を頻繁に使うので、小銭入れの導入をすることで1つの弱点を解決しましたが、荷物を極力減らしたい俺からすると、小銭入れを増やすことで荷物が増えてしまっては元も子もないです。

 

なので、小銭入れとお札入れの機能がある物ではなく、キーケースと小銭入れを一体型にすることで解決をしました。

 

カードは元々複数枚持ち歩かないので、カード収納に対する不満は一切ありません。

 

まとめ

f:id:keykuuun:20210306120811j:image

俺は実際に使ってみて、SECRIDはキャッシュレスで生活を送る人であれば使いやすい財布だと感じました。

 

ですが、生活スタイル次第ではただただ使いづらい財布だと思う方がいるだろうとも思います。

 

ちなみに俺はそろそろ財布を買い替えることを考えていますが、次はSECRIDを購入することはないです。

 

いい年齢なので彼女様からいい財布を持つように指示がありましたので、それに従おうと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村