サボりは1日にしてならず。

MENU

【都市伝説?】ダークウェブとは何なのか?どんなものを取り扱っていて、危険なサイトなのかを徹底解説

はじめまして、きー(@sabori_key)です!

 

皆さんダークウェブをご存知ですか?

 

たまたま昨日、いつもみているサイトを巡回してる時にダークウェブの話題を見かけました。

 

噂によると、普通のウェブサイトでは扱えないようなヤバいものが取り扱われている…とか…

 

そもそもダークウェブってなんだろう。と思ったので、どういうものかを調べてみました!今回はダークウェブについて解説をしていきます。

 

※今回の記事は調べ上げた内容をまとめたものになります。僕の体験談ではありません。

 

 

ダークウェブ

f:id:keykuuun:20210605123743j:image

そもそもダークウェブは一般の検索方法ではヒットしないウェブサイトのことを指します。

 

つまりは普通に利用していたらそもそも辿り着くことはほぼないです。だからこそ非合法なものも平気で取り扱われてるいるらしい。怖すぎ。

 

僕らが見ているのは「サーフェイスウェブ」!ウェブの階層を紹介

 

f:id:keykuuun:20210605123827j:image

そもそもウェブには種類があるそうです。

 

サーフェイスウェブは今私生活で使っているウェブのことを指していて、Yahooや Googleの検索でヒットする場所のことを言います。

 

ディープウェブは一般的な検索ではヒットしない情報を指す。例えば、学術データなどの専門的なものだったりがその一部とのことです。

 

その中の一部としてダークウェブというものが存在しているようです。ここでは非合法な取引など犯罪めいたものが多いらしい。

 

このようにインターネットのウェブは何階層にも分かれていて表面的なところから深く潜ることでアンダーグラウンドな世界に繋がっていると言えます。

 

ダークウェブは特殊なツールによって匿名性を高めて使う人が多い=違法なやり取りが多いらしい

 

f:id:keykuuun:20210605123934j:image

ダークウェブは匿名性に特化されていることから犯罪の温床になっているらしいです。結局Twitterとか掲示板は匿名といえどIPアドレスなどでどこからアクセスをしたのか、何でアクセスをしたのか記録がされるので足がついているといえるわけです。

 

だから情報の開示請求をすることで個人を特定することはできるのですが、ダークウェブは専門のツールを使用することでそれすらも偽装、回避をしているそうです。闇が深い。

 

ダークウェブに潜るためには「Tor」を使用する

 

f:id:keykuuun:20210605124000j:image

The onion router』通称、『Tor』を使用します。

 

これはなんなのかというと元々は米国海軍の技術らしく、情報通信の匿名性を確保するために作られたものだそうです。

 

まるで玉ねぎのように何層ものレイヤーを重ねることでユーザーを隠す技術で、これにより個人情報にたどり着くことができないようにしているとのこと。

f:id:keykuuun:20210605124021j:image

 

ダークウェブで取り扱われていると言われているものたち

 

f:id:keykuuun:20210605124045j:image

何かと話題になるダークウェブ。一体全体何がやばいのか。実際にあった取引の事例を見てみます。

  • webサイトのIDやパスワード
  • クレジットカード情報
  • 住所や電話番号の個人情報
  • 人身売買
  • 麻薬や武器
  • 怪しい呪具
  • 違法なアダルトコンテンツや動画

 

うん、普通に危なすぎます。

 

いかに一般人が手を出したらいけない場所なのか、お分かりいただけたでしょうか?

 

ダークウェブに手を出すのはNG

 

f:id:keykuuun:20210605124210j:image

まず入り方が特殊なだけあって、ダークウェブに蔓延っているサイト自体も特殊、それに危険です。

 

もちろんアクセスしただけで犯罪になるわけではないですが、扱っているものが扱っているものだけに犯罪の片棒を担ぐことにはなりかねないですし、そもそも危険な場所です。

 

本当に危ないところになるので、興味本位で検索をするのはやめておいたほうが良いでしょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村