サボりは1日にしてならず。

MENU

【地獄】人生初のロングライドとその反省、自転車のロングライドには覚悟と訓練が必要だと思った話。

f:id:keykuuun:20210615195120j:image

はじめまして、きー(@sabori_key)です。

 

昨日彼女と喧嘩をして家を出ることになりました。その時に電車で帰ればいいのにムキになって僕は自転車で名古屋市から岐阜県に帰りました。

 

何を言ってんの?って話だと思いますが、完全に冷静さを欠いてました。それにお金がもったいない。

 

無事に自宅には着けたわけですが、今日はその感想と味わった地獄をご紹介します。ロングライド侮るなかれ。

 

 

ロングライドをすることになった理由

なんでそんなロングライドすることになったの?ってことから説明します。

 

昨日彼女と喧嘩したのがことの発端。俺は色々我慢するタイプではあるんだけど、昨日は何を思ったのか怒りが爆発してしまいました。それに伴って彼女もキレた。

 

「実家に帰って!」

 

この一言がきっかけ。財政管理を彼女に任せているのもあり、自分のお小遣いを減らしたくなかった僕は「自転車で帰る!」と逆上した。

 

本当、勢いでものを言うのはやめた方がいい。(教訓)

 

そもそも喧嘩の原因は僕が約束を破ったことが悪いので、逆上して自転車で帰るなんていうのはまじ頭がどうかしてたと思います。どうかしてると言うか、沸いてる。

 

こんなやりとりから名古屋市から中津川市まで自転車を飛ばす羽目になりました。

 

ちなみにルートはこんな感じ。車で片道1時間半かかるルートになります。

f:id:keykuuun:20210615195209p:image

 

ひたすら国道19号を走っていくルートです。

 

服装と装備【愚かすぎる】

f:id:keykuuun:20210615195145j:image

マジ、ロングライドを舐めるなよって服装でした。

 

というのも、翌日が仕事だったことからスーツ、革靴で自転車を漕ぐ必要がありました。

 

そして、カバンには荷物を詰め込んでいて10kgは余裕であったと思います。流石にふざけすぎ。

 

一応バイクはロングライドにも適しているMTB

 

マシンに不足はないのですが、それ以外があまりにロングライドを舐めきっています。本当に何でこの時いけると思ったのか未だに謎です。

 

名古屋市内〜春日井市(18:00〜20:00)

 

f:id:keykuuun:20210615195244j:image

序盤は余裕綽々と言った感じでむしろ気持ちいいと思いながら自転車を漕いでいました。

 

もちろん国道19号を一直線に進んでいたので道路は快適。

 

実際、「これ余裕だわ。」とか思っていた自分を殴りたい。ここから地獄が始まります。

 

春日井市〜多治見市(20:00〜22:00)

f:id:keykuuun:20210615195305j:image

ここでようやく1つ目の山を迎えます。この時に気付いたのは、山岳区間だったり、灯りがない山道は精神的にすごい来るということです。

 

景色が変わらないことの辛さを痛感しました。

 

あとは緩やかな長い登り。

 

登りがしんどすぎます。ただ、その後の下りは気持ち良すぎてぶっ飛びそうになったけどそれでも登りになるたびにしんどさが心臓にのしかかるのです。

 

仕事柄、足にダメージがくることはありませんでしたが、心臓が傷み始めました。

 

10kgのカバンによるダメージが半端なかったです。少し斜面にかかるだけで後ろに引かれている感じで漕げども漕げども進まない。

 

この辺りから肩が重すぎてまともに息ができなくなりました。

 

ちなみに道で言うと、このあたりは名古屋から行くと緩やかな上り坂が続きます。心折れた。

 

多治見市〜恵那市(22:00〜26:00)

f:id:keykuuun:20210615195328j:image

多治見市に着いた時は街の灯りにホッとしました。でもここからが本当の地獄でした。多治見市街を抜けると19号沿線は暗くなります。もはや闇。

 

釜戸、武並あたりは光なんてあるはずもなくずっと山道です。上りと下りが永遠に続きます。

 

この辺りで本当に心が折れ、肩にかかる重さからまともに息が吸えなくなりました。

 

自転車で数メートル漕いでは降りるの繰り返し。もはや限界でした。

 

途中で地面に横たわって寝たりもしたけど一向に回復することはなく、いったん号泣しました。

 

そんな時に喧嘩した彼女から電話が入り、励ましとお叱りの言葉をいただいた。ごもっともすぎます。

 

ただおかげで少し元気が出てなんとか恵那市街地まで行くことができました。

 

恵那市中津川市(26:00〜27:00)

 

f:id:keykuuun:20210615195359j:image

結論から言うと走破出来なかったです。

 

彼女が警察に連絡をしたそうで駅前で保護されました。こんな形で警察のお世話になるだなんて思っても見ませんでした。すみません。

 

そこからは父親が迎えにきてくれて殴られたりしましたが、自業自得すぎます。

 

27歳にもなって何やってんだって感じでした。

 

アホがロングライドをした乾燥

 

次回またロングライドをしたいわけではありませんが、反省点がいくつかあります。

 

  • 服装はサイクルジャージ
  • 重量のある荷物は持たない
  • レーニングをしてないのに走り切れるわけがない
  • 休みすぎない
  • エネルギー補給をしっかりする

 

まず服装ですが、当たり前にスーツなんて着てたら走れるわけがないです。ましてや街乗りではなくロングライド。上りも下りもある道です。

 

サイクルジャージや、ビンディングシューズを使用することを意識しないとまず無理です。

 

そして、荷物に関しては重ければ重いほど自分の首を絞めることになります。

 

比喩でもなく本当に首が締まるので注意が必要なのですが、ありえないくらいしんどいですし、息が吸えなくなります。

 

後遺症で今日一日、首一周いたかったです。唾を飲むだけで痛みが走るレベルでした。

 

当然ですが、ロングライドの心得がないままやったところで走破ができるわけないです。

 

ただ75kmをロングライドというのかは微妙な線だとは思いますが、それでもしんどかったです。自分の身体とバイクを過信しすぎないことが大切。

 

休みすぎないというのは、休みはもちろん必要ですが、止まり過ぎていると僕は逆に疲労を感じました。アドレナリンのようなものが出ていたのかもしれませんが、休むことでそれすらもなくなってしまいます。

 

エネルギー補給については必須。あと水分も。

 

両方を補えるようにプロテインバーやゼリー、水をしっかり準備して臨むことが必要だと思いました。

 

あとがき

 

結論から言えばバカです。

 

ただこの経験で得るものはありました。完全に負け犬の遠吠えですが…

 

ロングライドに挑戦したい人はぜひ参考にしてください。無理は禁物です!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村