サボりは1日にしてならず。

MENU

【Foodmanレビュー】縦にしても漏れない!鞄に入るコンパクトサイズのお弁当の紹介

f:id:keykuuun:20210629115048j:image

はじめまして、きー(@sabori_key)です!

 

一人暮らしだとなにかと食費がかかってしまいませんか?とはいえ、食事を抜きにするのは自分の身体のことを考えると良くないですよね…でも、仕事のたびに外食していると本当にお金があっという間になくなってしまいます。

 

そんな理由から昨年くらいから僕はお弁当を仕事に持っていくようにしました!

 

ただ、サラリーマンや学生さんの共通の悩みだと思うのですが、お弁当って邪魔になりませんか?

 

僕も最初の頃はお弁当用の鞄も持ち歩いていたのですが、何かと出先に出ることが多かったので邪魔で邪魔で仕方がなかったです…

 

そんな中、またまたLOFTを見にいった時に、今回紹介するお弁当箱「foodman」に出会いました!

 

コンパクトサイズにも関わらず、中にはぎっしりおかずやご飯を入れることができる最強のお弁当箱なので、今回はそれをご紹介しようと思います!

 

 

お弁当箱を持参するようになったのは、「食費を減らす」ことを考えたのがキッカケ

f:id:keykuuun:20210629115113j:image

僕は元々、仕事の時は外食派でした。でも毎日毎日外食していると本当にすぐにお金がなくなってしまいませんか?

 

お金がなくなっていくのが嫌だったので、僕は自炊を積極的に行うようにしました。まずは夜ご飯から始めたのですが、せっかく自炊をするのならお昼ご飯も作っちゃえば、大きく食費を浮かすことができるんじゃないか?と考えました。

 

全食自炊をすれば、大きく食費を浮かせることは可能です!逆に中途半端に自炊をするだけだと高くついてしまうだけですが…

 

そこからお弁当を持っていくようになったのですが、お弁当箱って大きいものが多くてめちゃくちゃ邪魔なんです!

 

僕は仕事柄、カバンの中に書類が入りまくっているので、お弁当箱をカバンの中に入れるなんていう選択肢が取れませんでした。なので、別で手提げを持って行っていたのですが、外回りをすることが多いので、それはそれで邪魔なんですよね…

 

とはいえ、真夏に車の中にランチバッグに入れて置いておくのは、食品の衛生上よろしくはないですし、保冷剤をパンパンに詰めて荷物の重量が増えるのも嫌でした。

 

不満はたくさんありましたが、それでも昼食代を浮かすためにお弁当は引き続き持って行っていました。

 

Foodman

そんな時にロフトで出会ったのがFoodmanです。コンセプトが立てて運べる薄型弁当箱。僕が不満に思っていることを一気に解決してくれるんじゃないかと期待に胸が膨らみました。

 

実際手に取ってみると薄い。従来のお弁当箱と比べると段違いで薄いです。迷うことなく即決で購入しました。厚みでいうと、僕が以前使っていたお弁当箱の2/3ほどです。

 

 

薄くて液漏れをしない!が最大の特徴

f:id:keykuuun:20210629115349j:image

Foodmanの特徴はなんといってもその薄さです。厚さ約4cmという薄さが何よりの売りとしています。

 

だからビジネスバッグにも立てて仕舞うことができます。邪魔にならないし、別で弁当箱だけ持ち歩くことをしなくてもいいわけです。

 

ただ、薄い弁当はFoodman以外にもありますがFoodmanの強みはそれだけではありません!どれだけ薄くてもお弁当箱を立ててカバンに入れてしまったら液漏れするんじゃないかという心配もあると思いますが、心配無用。

 

蓋は4箇所のストッパーでしっかりホールドされおり、タッパーのようなゴムパッキンがついているので、1年間使ってきて液漏れをしたことが1度もないです。すごすぎます!

 

コンパクトかつ機能性も高いお弁当箱のFoodmanのおかげでお弁当箱に関するストレスは一切無くなりました!

 

Foodmanは3ヶ所に食べ物を入れることができる!

f:id:keykuuun:20211104165959j:image

Foodmanは3ヶ所に仕切られており、それぞれにおかずやご飯を入れることができます。

 

おかずとご飯がくっついてしまい、揚げ物の油がご飯に移ってしまったり、ご飯の水分がおかずについておかずがベチャベチャになってしまうこともありません。

 

サイズは選べる3種類!

f:id:keykuuun:20210629115447j:image

そして、Foodmanはサイズも複数あるのが魅力です。400ml、600ml、800mlの3種類からサイズを選ぶことができます。

 

大中小といったイメージでいいかと思います。なので、食べる量や鞄の残りスペースに合わせてお弁当箱を選ぶことができるわけです。

 

800mlを以前は使っていましたが、ご飯0.5合が余裕で入ってしまうほど大きいです。頑張って詰め込めば1合ぐらいなら余裕だと思います。あまりに多すぎて、600mlに乗り換えました。

 

コンパクトなのに大容量。薄いから量が入らないんじゃないかというのも杞憂です。恐るべし、Foodman。

 

使用上の注意点

f:id:keykuuun:20210629115538j:image

ゴムパッキンが付いているので、劣化してくると液漏れなどの原因になります。なるべくハイターなどを吹き付けるのはやめましょう。

 

また、熱を取っていない状態でお弁当の蓋を閉めてしまうのも劣化の原因になるので注意が必要です。

 

ゴム部分の劣化さえ対策していれば、他は言うことがないです。

 

【結論】ビジネスマンや学生にとって最強のお弁当箱

Foodmanを1年間愛用してきて今のところ困ったことや、物足りないと感じることはありません。ということは、多分この先もそんなことを感じる機会はないんだろうと思います。

 

荷物の多いサラリーマンや、学生には最強のお弁当箱じゃないかと僕は思います。それにデザインもシンプルでスタイリッシュなのでどこで開くにしてもおすすめです!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村