サボりは1日にしてならず。

サボりは1日にしてならず。

サラリーマンが仕事中に書くブログ。中身はない。

MENU

【自己分析】俺の音楽遍歴から見る人格形成

f:id:keykuuun:20210921111720j:image

ふと気づくと27歳になっていました。つい最近まで大学生だったような気がしますが、もうそれが5年も前の話になるらしい。

 

ところで、今俺はもっぱらアニソンとロックを聞くんですが、みなさんはどういう音楽を聴いていますか?

 

今日は自己分析と題して、自分の音楽の好みがどうやって仕上がっていったのか振り返りながら書いてみようと思います。

 

 

幼少期(入園前)

俺の1番古い記憶がこの時期。おじいちゃんっ子でいつもじいちゃんとテレビを見ていました。

 

それゆえに謎に水戸黄門はぐれ刑事純情派が好きだったのを覚えています。我ながら渋い。

 

この時に覚えたのが1番最初に俺が覚えた音楽なんだけど、前述の通り水戸黄門を見ていたわけです。

 

テーマソングのああ人生に涙あり」が俺が1番最初に覚えた曲です。渋すぎる。

 

母子家庭だったこともあり、この頃の記憶はじいちゃんとばあちゃんとのことしかありません。母さんはその頃仕事をめちゃくちゃ頑張っていました。

 

他に聞いていた音楽は下記。

 

これはおばあちゃんの影響。

じいちゃんは演歌が好きで、車では「天城越え」とか流れていたけど、俺に全く刺さらなかった

 

幼少期(小学校入学まで)

小児喘息のおかげでめちゃくちゃ病院にお世話になりました。入退院回数でいったら、間違いなく地元の同級生で1番だったと思います。なんの自慢にもならんけど。

 

流石に病院には、忙しい母親もついてきてくれました。

 

じいちゃんばあちゃんは保育園のお迎え要員でした。

 

ただ、この頃少し音楽的な自我が芽生え始めていたのか、じいちゃんが聞く音楽が全く刺さらなくなっていました。それは前もか。

 

この時に聞いていたのは下記。

 

全部、母親の趣味です。俺はまだ自発的に音楽を聴くほど、音楽に興味がない時期です。

 

中でも、「青いイナズマ」や「SHAKE」あたりが好きでした。この頃からアップテンポなのが好きだったのかもしれません。

 

小学校

この頃を振り返るとゲームばっかりしていた記憶があります。あとは友達と屋外で遊ぶ感じですね。今思うと1番何も考えずに遊んでいられた楽しい時期でした。

 

低学年時は全くと言っていいほど音楽に興味がありませんでした。

なんでかはわかりませんが多分遊ぶのが楽しかったんだと思います。

 

ただ高学年になり、初めてCDを購入しました。それが「メリッサ」

 

ポルノグラフィティですね。

 

鋼の錬金術師がちょうど放送開始されて、高学年あたりからアニメを見るようになりました。

 

病弱だったこともあり、アニメ付きに拍車がかかり、この頃は16時台にガンダムの再放送もしていてデジモンもやっていてと俺からすると最高な時期でした。

 

その中でこのメリッサとの出会いが1番衝撃的でした。

 

月1,000円のお小遣いを叩いて買ったのを今でも覚えています。

 

母親の車内でポルノグラフィティのベストアルバムが流れていたのを知るのはもう少し後の話。

 

この時に、誕生日にねだってウォークマンを初めて手に入れました。あとはお分かりのようにレンタルをして楽しむ日々。

 

中学時代

バスケ部に入部。弱小にもかかわらず、めちゃ忙しかったです。故に音楽離れ。

 

ちなみにレギュラーは1度も取れませんでしたが、練習態度が真面目すぎて副部長を襲名されました。ただど下手くそです。

 

そんな話はさておいて、中2の時に悪友のYくんがオタクになりました。涼宮ハルヒの憂鬱を見て目覚めたそうです。

 

流れで当時放送していた、けいおん!を勧められ、めでたくバスケ部は半数がオタクになりました。ちなみに俺以外はみんな陽キャだと思っていましたが、そうじゃなかったみたいです。

 

ここからアニソンにどっぷり浸かることになったのはいうまでもなく、ただこの時自分の音楽を語る上で外せないアーティストに出会いました。

 

coldrainです。

 

きっかけはいつも行っていたレンタルCD屋さん。フェス特集と題してロックを推している時期でした。

 

その時、アルバム「The Enemy Inside」のジャケットを見て何故か気になりました。

f:id:keykuuun:20210921111821p:image

 

試聴コーナーがあったのでそのまま試聴。

 

なんだこのかっこいい音楽は…

 

リードトラックのTo Be Aliveで度肝を抜かれ、YouTubeを齧り付くように観ました。

まさに今まで知らなかった未知の世界。

 

重たい音だけど、それだけじゃない幅の広さ。言葉で表すのは難しいですが、とにかく中学3年生の俺には魅力的だったのを覚えています。

 

ここから、俺の好きな音楽の方向性が固まり始めます。

 

バンドに目覚め、アニソンとロックバンドをディグる日々でした。

 

BUMP OF CHICKENONE OK ROCKUVERworldも通りましたが、何故かこの時はELLEGARDENRADWIMPSの良さがわかりませんでした。

 

ちなみにRADは未だに良さがわからない…

何故だろうか。

 

高校生

受験を乗り越え、県内きっての進学校に入学。

今でこそ思うのが、高校はスタートライン。しかし、俺にとっての目標はその高校に入学することだったので完全に燃え尽きます。

 

部活は1年もせずにバスケ部を退部し、帰宅部になった俺はゲームアニメ音楽三昧の日々。

 

バイトは禁止だったのでバイトができなかったのは悔やまれます。

 

coldrainきっかけでロック関係をディグらようになり、factと出会います。

 

NOISEMAKERなどいろんなアーティストにハマりました。

 

その中でもハマったのがSiMとTHREE LIGHTS DOWN KINGS

 

ちなみにこの時もアニメ沼は絶賛継続中。

中学卒業祝いにギャルゲーと間違えて買ったアイドルマスターが完全に沼と化し、より一層ディープな世界に迷い込みました

 

この時点でアニソンとロックの2本柱になりました。

 

大学生

無事大学進学をした俺は時間を持て余してました。バイトは順風満帆、単位も問題なし。サボり放題。

 

正直やることがなかったんです。

 

この時刺激を求めて、自分の足でライブに向かいます。

 

 

ライブハウスとさいたまスーパーアリーナならすごい行った記憶があります。不思議ですね。相容れないと思われる二つのジャンルが混在してます。

 

ただ、よくよく考えるとアニメタイアップしているバンドは多いのでそんな相容れないものでもないかもしれませんね。

 

この時に音楽関係で仕事をしたい。とぼんやりと考え始めるようになりました。

 

そのまま、コネをフル活用し、就活をすることなくアイドルのマネージャーになりました。

 

社会人

これもまためでたく音楽に携わる仕事につけた俺ではありましたが、アイドルは嫌いです。

 

二次元は好きですが、三次元はめっちゃ嫌いです。

 

ただライブの裏方は楽しかったです。

 

ファンの反応を考えながらセットリストを作ったり、自分の匙加減で曲をぶち込んだり、チーフマネージャーが嫌いすぎて、チーフマネージャーの好きな曲をセットリストから外したりとやりたい放題でした。

 

この頃はアニメからも離れつつあり、ロックに傾倒するようになります。

 

アイドルソングは1度たりとも自分のiPhoneに入れたことはありません。嫌いすぎて。

 

バリバリライブハウスのスタッフかよ。という格好で仕事をしていました。黒ティーに黒パンツです。

 

稀にライブハウスのスタッフと間違われたりもしました。

 

そこから今に至るまでは雑食になります。バンド、アニソン、ゲーム音楽、洋楽、邦楽…今が1番いろんなジャンルの曲を聴いていると思います。

 

あとがき

振り返ってみると案外きっかけは些細なものでした。

 

1番の転機はレンタルCD屋さんで出会ったcoldrainとの出会いではあると思いますが、その頃から音楽に対して興味を抱くことになったかと思います。

 

詳細に書きすぎるとあまりに長くなってしまうので、後半に行けば行くほど抽象的なことしか書いてない記事ではありますが、きっかけひとつで人の趣向って変わることがあるんだな。という気づきが得られました。

 

案外食わず嫌いをせずにいろんなところに目を向けてみると新しい発見があるかもしれません。

 

ネタが無くなったらまた音楽については詳しく紹介していこうと思います。

 

 

面白かったと思ったらワンプッシュ

お願いします。

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村