サボりは1日にしてならず。

MENU

【ブログの内容と中身を向上させる】Google AdSense合格のためのブログ作成のポイント

f:id:keykuuun:20211013175959j:image

Google AdSense攻略第4弾です。

 

Twitterを見ているとAdSenseの審査に落ちたという声をよく耳にします。

 

やはり、審査基準は厳しくなっていると言うのは本当なのかもしれませんね…

 

Twitterで思い出しました。

そろそろ自分もブログ用のTwitterアカウントの作成をしないといけないなぁ…と思いつつも、Twitterまで運用できるのか不安なので今日までズルズル来てしまいSNSを一切使わず仕舞いです。

 

もうしばらくしたらTwitter開設しますのでその時には是非よろしくお願いいたします。

 

さて、今回お話しするのは、Google AdSenseに合格するためのブログの作り方についてです。

 

なのでブログデザインや記事の内容を主軸にして、一般的に合格基準と言われている要素からどのような内容にしたらいいのかを考察していきます。

 

Google AdSenseを申請する方たちにとっては聞き飽きた内容になるかもしれませんが…

 

また、AdSense申請をして審査を通過できないのには必ず理由があります。

 

それを明確化するためにも参考としていただけますと幸いです。

 

では、記事と文章、デザインに注目してAdSense攻略を行ってまいりましょう!

 

 

ブログの中身は関係があるの?

f:id:keykuuun:20211013180126j:image

これは俺じゃわかりません。

Googleの社員ではありませんから。

どういう判断基準が存在しているのかというのは未だに謎です。

 

ただ、明確にわかっていることは、俺のブログでも審査は通ったということです。

 

ブログを読んでくださっている方はご存知かもしれませんが、情報発信は異様に少なかなってきています。

 

最近の記事に関してだけ言えば、ほぼ雑記です。

 

長文版Twitterのような内容の更新ばかりしておりました。

 

以前はレビューも書いていましたが、今現在では雑記8割、他2割というお粗末な状態です。

 

それでも審査に通過したというのも事実。

 

敵を知れば百戦危うからず。

 

では、審査の際に見られると言われている内容にはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

 

一般的に言われている通過基準

  • 有益な情報を提供しているのか
  • 独自性のある記事になっているのか
  • 記事と文章量はそれなりにあるのか
  • 画像が入っているのか
  • 操作性が高いページ作りができているのか

 

この辺りが合格基準と言われている要素になります。

 

一言でまとめると

「人のためになる見やすい使いやすいサービス」

が求められていると言う認識で間違い無いでしょう。

 

一つ一つ解説と俺のブログに当てはめて分析をしていきます。

 

有益な情報になっているのか

これは分かり易いですが、自己満足な内容では意味がない。と言ったところでしょうか?

 

日記や雑記にしても、「自身の感想や客観的に見たらどう思うのか。」というのを含めると対策になると思います。

 

人間誰もが痒いところに手が届かない経験があると思います。

 

何かしらを解決する手立てを提案する。自身の感性や考えを発信する。というのは重要かと思います。

 

ちなみにレビューを書く際にネガティブな意見というのは非常に重要です。

 

商品なのでいいところもあれば、悪いところもあるのは至極当たり前のことなのですから、包み隠さず自分の感想を書くことが重要かと思います。

 

俺のブログは基本的に書きたいことを書いているだけではありますが、レビューを書く際には強み・弱みを書くようにしてます。

 

雑記に関しても同じです。

「誰かが知りたいだろうな…」と思ったことにはアンサーを差し込むようにして記事の内容をわかりやすくするようにしています。

 

誰かに向けたブログを書くことを意識して記事を書くようにするといいのかも知れないですね。

 

独自性のある記事になっているのか

当たり前ですが、コピペは御法度です。

 

自分で記事は書くようにしましょう。

 

また、文章の文体や太字、色文字を活用するとオリジナリティというのは一段と磨きがかかってきます。

 

自分なりの言葉で伝える努力を怠らないことも重要です。

 

俺は太字をかなり使います。

強調したいところをわかりやすくする効果もありますが、太字だけ読めば言いたいことが伝わるようにしています。

 

そうすることで読者の負担を減らすことにもなりますし、太字だけ読んで知りたい情報であれば内容を読んでもらえたらいいと思っているからです。

 

文字媒体なので、全文読んでもらうことが何よりの目的ではありますが、読者はあくまで知りたい情報を求めています。

 

そう言った方に向けて文章を書くのであればある程度流し読みできるように配慮をすることも必要かと思います。

 

記事の数と文章量

俺が合格した時は、100記事ほど、文字数は平均1000字あるかないかだと思います。

 

一般的には1000文字以上、10記事以上が望ましいと言われていますがあまり気にしなくてもいいと思います。

 

重要なのは、「内容があるブログになっていること」と「伝えたいことが明確になっていること」の2点です。

 

文章を長く書いて、中身がないブログを書くよりも短い文章で伝わりやすい中身のあるブログを書く方が格段にいいです。

 

1つの記事に対して「狭く深く」文章を書き上げることが大切です。

 

そのためのテクニックを後ほど紹介します。

 

画像が入っているのか

画像が入っているかどうかでユーザーの読みやすさやブログの説得力は大きく変化します。

 

何より、文字だけのブログはだらだらした印象を受けてしまうため、かなりの文章力が要求されると思ってください。

 

そのため、ブログには積極的に画像を差し込むようにしましょう。

 

この時に注意なのが、著作権などの権利です。

 

画像にも著作権はあるので、インターネットから画像を取得する際には著作権フリー(フリー画像)を使用しましょう。

 

フリー画像サイトは山ほどありますので、

ブラウザで「フリー画像」と検索してみてください。

 

俺は今でこそ画像は少ないですが、それは雑記だったからです。

 

解説当初の記事は1つの見出しに1つの画像を差し込むようにしていました。

 

見出しとリンクさせた画像を差し込むことで読者にどういう内容なのかを簡易的に伝えるのが目的です。

 

そもそも俺は文章が下手なので、画像に頼ったというところもありますが…

 

操作性の高いページ作成ができているのか

以前紹介した内容に付随しますが、これはかなり重要だと俺は思っています。

 

理由は、不合格続きだった俺が今回1番力を入れて改善したポイントだからです。

 

ブログで重要になるのは、「ユーザーが知りたい情報、見たいページに即時アクセスできること」だと俺は思っています。

 

いかにユーザー目線で使いやすいブログを作り上げるかが肝というわけです。

 

はてなブログ無料版を運用しているユーザー向けに情報を公開してますので、こちらをご参考にしてください。

 

この設定をするだけで大分ブログの印象が変わりますから。

 

Google AdSense 合格に難しいジャンルや内容

一般的に悪い評価を受けやすいコンテンツはGoogle AdSense合格は難しいと言われています。

 

  • たばこ、酒
  • ギャンブル
  • 風俗、アダルト
  • 違法

etc...

 

Googleが提供しているサービスなので、一般的に印象が悪いものは同じく悪い判断をされます。

 

収益化をするのであれば、これらのコンテンツや、文章中に誹謗中傷、暴力行為などを取り扱うことはやめましょう。

 

【補足】Google AdSenseの審査に落ちた時には…

1番最初に取り組んでほしいこととして、審査に落ちた時には、落ちた理由がメールに記載されているので、必ず確認して修正をしましょう。

 

とは言ってもどこがダメなのかを事細かには教えてもらえませんので、自分で考えて修正し再度申請するのが良いと思います。

 

ちなみに審査に落ちた際に、再審査を受けるまで時間を空けたほうがいいという意見もありますが、修正して内容が改善されているようであれば即時、再申請していいと俺は思います。

 

要はトライ&エラーです。

 

そうする事で「どこを改善したほうがいいのか。」というヒントを多く得ることが大切です。

 

そのヒントを元にブログをブラッシュアップしていくことで審査通過へ近づいていきます。

 

無料ブログでも審査には通過ができる

通過可能です!

俺が審査に通っていますから間違いありません。

 

ちなみに「はてなブログ無料版」です。

 

中には「無料ブログでは審査通過ができない。」ということを言う方もいますが、そんなことはありません。

 

しかしながら、有料ブログの方が有利なのは確かです。

 

その理由を推測すると、

  • デザインを自分でカスタムできる
  • 文章や文字のデザインの自由度が高い

と言った、自由にデザインができると言う強みがあるからだと思います。

 

無料ブログだとどうしても利用しているサービスに形式が依存してしまいますが、工夫次第で変更は可能です。

 

自由な発想で使いやすいサイト作りを心掛けましょう。

 

【補足】記事作成時のススメ【推敲はかなり重要な手順】

これはあくまで俺の記事の作成方法です。

 

参考になればと思い、共有します。

 

俺のブログの作成手順をざっくりとまとめました。

 

  1. 「タイトル」に主題を書き込む(話題の骨組み)
  2. ブログの記事を書き上げる(骨組み)
  3. 推敲をし、手直しをする(肉付け)
  4. 文章のデザイン(太字、色文字など)を設定する
  5. 画像を差し込む
  6. タイトルを決める(結論として伝えたいこと)
  7. 推敲をする(最終チェック)

 

以上が俺がブログ執筆をする際の流れになります。

 

以前はもう少し適当な書き方をしていましたが、この書き方に変えました。

 

理由は3つあります。

  • 読み直すことで文の違和感に気づく
  • 修正することで読みやすくなる箇所を探せる
  • 読者視点で読むことで何がダメかを考えることができる

 

言わずもがな、推敲に力を入れて取り組んでいます。

 

推敲というのは1度仕上げた文章を読み直し、修正する作業のことを言います。

 

読み直して見ると、書いている時に気づかなかったことに気づくこともあります。

 

文の読みやすさ、改行の位置、誤字脱字、表現、文の長さ、テンポ…

 

どれか1つを変えるだけで文章が与える印象は大きく変化します。

 

また書いている時気付きづらい文末の被りをなくすために推敲を行いましょう。

 

「〜と思います。」

「〜と思います。」

 

と、2文章続けて同じ文末になってしまうと読みづらいです。とにかく読みづらいのです。

 

【最終手段】有名ブロガーの真似をする

以上のことを実践して審査に通らなかった時には最初に立ち返ってブログについて見つめ直しましょう。

 

その中でオススメの方法として、「収益化しているブロガーの記事を読み漁り、真似をする。」という方法です。

 

収益化ブロガーの文章には様々なテクニックが仕組まれていることが多いです。

 

多くのブログを読んでデザインや文章の真似をして良いところを吸収してみてください。

 

この時にコピーは絶対にしてはいけません。

 

しっかり考えながら、この取り組みをすると自分のブログの何を直した方がいいのかが明確にわかります。

 

他人の真似をすることで自己分析をする手法です。

 

まとめ

Google AdSenseの審査を受ける上で、ブログの見た目と内容は非常に大切な要素です。

 

しっかりと読者のことを考えながら文章を書き上げていくと自ずと誰かの役に立つブログに変わっていきます。

 

なので、誰かに向けたものとしてブログを執筆することをおすすめします。

 

 

最後にワンプッシュよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村