サボりは1日にしてならず。

MENU

【魔法の家電】食洗機の節約効果と失敗しない選び方を徹底解説!

はじめまして、きー(@sabori_key)です。

 

自宅に食洗機を購入しようか?と考えているのですが、どんな食洗機を買ったらいいののか分からなくなり、迷走していました。

 

というのも、食洗機って3万円台〜11万円台とかなり幅広い金額設定がされていることもあり、勢いで買うには高額なんですよね。

 

俺と同じ気持ちの人が中にはいると思いますが、今回、家電量販店で店員さんに徹底的にヒアリングを行い、どういう基準で食洗機を選んだら良いのかを聞き出すことに成功しました!

 

「食洗機って家事が楽になる以外にどんなメリットがあるの?」という方も中には見えられると思うので、今日は食洗機の購入を検討している俺が調べたこと、聞いたことをまとめ上げていきます。

 

住居や家族構成にあった食洗機の選び方も紹介してますので、最後までお付き合いいただけますと幸いです。

 

こんな人におすすめの記事
  • 食洗機の購入を検討している方
  • どの食洗機を買ったらいいのかお悩みの方
  • 食洗機に興味はあるけど、よく知らない方

 

 

食洗機は魔法の家電

f:id:keykuuun:20211026163127j:image

食洗機は一家に一台ある家電ではありません。

必要がある人は買うし、そうじゃない人は買わない家電の最たるものだと俺は思っています。

 

とはいえ、家で食洗機を使うことのメリットはあるんです!

そのメリットというのが下記です。

 

食洗機のメリット
  • 家事の時短ができる
  • 手洗いよりも綺麗になり、衛生的
  • 節約することができる

 

家事の中でも煩わしいと言われる食器洗いが全自動化することによって大幅な時短が可能です。これが食洗機を購入する方の最大の理由になります。

 

とは言っても、これだけで数万円もする家電を即決購入される方は少ないのも事実で、実際なくても自分で食器洗いするだけなことなんです。

 

そんな人たちの後押しになっているのが、節約効果の高さです。

 

機械を使うと普通にお皿洗いをするよりも、「お金がかかってしまうのではないか?」と思われがちですが、使い方次第では大きな節約ができるのが、食洗機の強みなんです!

 

とはいえ、どれだけの節約ができるのかわからないとその凄さを語ることはできませんので、ここからはどれくらい節約をすることができるのかを解説します。

 

食洗機は水道代、光熱費を大幅に節約することが可能

f:id:keykuuun:20211026163155j:image

これが家電量販店で最後の一押しになる売り文句です。

 

家事の自動化は魅力的ではありますが、「家事の負担が減るのはわかったけど、初期投資に数万円も出すなんて…」と思われる方が多いと思いますが、なんと節約までできてしまうのです。

 

条件によって変動はしますが、ここでどれくらい節約が可能なのかを比較してみます。

 

手洗いをしたときの年間費用

  • 水道代(1ヶ月):840〜1,260円
  • ガス代(1ヶ月):1,800円


ガス代は冬場のみ必要になるので、6ヶ月使用したと仮定して年間の必要な金額を弾き出します。
 

  • 水道代(年間):10,080円〜15,120円
  • ガス代(6ヶ月):10,800円

 

  • 年間総額:20,880〜25,920円

 
 実は手洗いでも結構な金額がかかっています。

では、食洗機を使用するとどれだけお金がかかるのか見ていきましょう。

 

食洗機を使ったときの年間費用

  • 水道代(1ヶ月):60〜90円
  • 電気代(1ヶ月):660円〜840円


1日1回使用した場合は1ヶ月間でこの程度の金額が食洗機にはかかると言われています。
 
なので、1日1回毎日使用した場合には、下記の金額が年間で必要となります。
 

  • 水道代(年間):720円〜1,080円
  • 電気代(年間):7,920円〜10,800円

 

  • 年間総額:8,640円〜11,880円

 

1日1回であればこの程度だそうです。
1日2回使った場合でも食洗機の方がトータル金額は安くなります。

 

こうして金額を比較してみると、食洗機は手洗いよりも水道光熱費が安くなるので、節約ができるということがわかります。

 

食洗機の最大の強みは「家事の自動化」と「水道、光熱費の節約」

以上のことから、わかるように食洗機を購入される人のニーズとして「家事の自動化、負担の軽減」「年間にかかる光熱費の節約」の2点が大きいところだと思います。

 

実際これだけ節約されて、自由に使える時間が増えるわけですから、4年〜6年ほど使えば購入費用の元が取れてしまうわけですね。

 

ここまで読んでいただいて、主婦の皆様にとってはまるで魔法のような家電だということはわかっていただけたかと思います。

 

では、ここから問題になるのは「初期費用にどれだけかかるのか?」「どういったものを購入した方がいいのか?」だと思います。

 

続いて、食洗機の選び方や購入する際の注意点についてご紹介していきます。

 

食洗機を導入するときの初期費用

f:id:keykuuun:20211026163207j:image

  • 購入費用
  • 分岐水栓の工事費用(場合によっては不要)
  • 取り付け費用(場合によっては不要)

 

この記事の後半にも記載しておりますが、分岐水栓の工事費用や取り付け費用は不要なケースがあります。

 

食洗機の製造メーカーは少ない

そもそも食洗機は日本での需要が低いのかわかりませんが、生産しているメーカーが他の家電と比べると少なく感じます。

 

それぞれメーカーによって強みがあり差別化が図られているので、購入する際にはどんな特徴があるのかを考えながら比較することをおすすめします。

 

主に家電量販店で見かけるのは下記です。

 
他にも製造、販売しているメーカーはあるかと思いますが、家電量販店でよく見かけるのがこの5社です。
 
こうしてみると洗濯機のように多様なメーカーから選ぶことはほぼできません。
 
この中で1番人気なのはPanasonicだと言われていますが、購入する際に注意したいのが、自分の住居、家族構成に合致したものであるかどうかです。
 
人気だけで選ぶのではなく、しっかり自身のニーズに合ったものを購入するようにしましょう。

 

では、続いて食洗機の種類について解説をしていきます。

 

食洗機は3つの形に分類ができる

  • 前開き式
  • 上下開き式
  • 引き出し型


システムキッチンに導入されているものは、「引き出し型」となりますが、今回は据え置き型の食洗機に絞ってお話をするので、説明を割愛します。
 
今回メインとなるのが、「前開き式」と「上下開き式」の食洗機です。
 

前開き式食洗機

f:id:keykuuun:20211026163220j:image

オーブンのように、扉上部についている取手を使って扉を開閉する食洗機になります。

 

システムキッチンに導入されていることもありますが、今回は据え置き・卓上型のものについてのみ触れていきます。

 

食洗機の高さ=扉の開閉の広さとなるので、食洗機を配置する際にどれくらい食洗機の前を開けておけば不自由なく開閉ができるのかわかりやすいのが特徴です。

 

また、その構造から、食洗機の上に物を置いても干渉をしないため、食洗機上もスペースとして使うことができます。

 

1番ポピュラーな形だと言えるでしょう。

 

しかしながら、かなり大きい型でなければ、フライパンなどの大きめの調理器具を入れることが難しいというデメリットもあります。

 

上下開き式食洗機

f:id:keykuuun:20211026163251j:image

ドアの下部が手前に倒れて、持ち上がるように扉が開いたり、扉が全て上に開く食洗機です。

 

食洗機内を広く使えることや、大きめの調理器具を入れることができるのが特徴です。

 

こちらも扉の開閉時のスペースがしっかり確保できるのかを確認する必要があります。

 

子供がいるご家庭であればこちらのタイプがおすすめです。

 

食洗機を購入するときのポイント!食洗機は「工事が必要なもの」と「工事が不要なもの」がある

食洗機を購入する際に1番重要になるポイントです。

 

食洗機は据え置き型だとしても工事が必要になるものが多くあります。

 

その工事というのが、蛇口を分岐水栓にするための工事です。

 

食洗機には、「給水式」と「分岐水栓式」の2種類の方法のどちらかで水を汲み上げるのですが、大体のキッチンの蛇口には分岐水栓はついていません。

 

そのため、分岐水栓から水を汲み上げるものに関しては、分岐水栓の取り付けをしないと利用することができないです。

 

その見分け方は「どのように水を食洗機本体に入れるか」の仕様の違いです。

 

洗濯機のように分岐水栓から水を取り込んで使用する場合にはキッチンの蛇口に分岐水栓を取り付ける必要があります。

 

給水式と分岐水栓式の違いは購入してから使用をするまでに必要になる工程も大きく変わりますので、必ずこちらは確認をしておきましょう。

 

それぞれの解説をしていきます。

 

給水式食洗機

f:id:keykuuun:20211026163431j:image

こちらは食洗機を使用する都度、自分で食洗機内に水を入れるものとなります。

  • 工事不要、購入後すぐに使うことが可能
  • 設置場所の融通が利く
  • 使用するたびに水の補給をする必要がある(デメリット)
  • 大きめのタイプが少ない(デメリット)

 

1人暮らしやカップルで使う分には申し分ないとは思いますが、1回1回水を補給しないと使えないというデメリットがあります。

 

ただ工事が一切不要なので、分岐水栓をキッチンに取り付ける必要もありませんから、賃貸で使う際にはかなり使い勝手がいいと言えます。

 

購入後すぐに使うことができるので余計な手間もないです。

 

分岐水栓式食洗機

f:id:keykuuun:20211026163440j:image

水道に分岐水栓を取り付けることで、自動で水の補給をしてくれる食洗機になります。

 

  • 自動で給水をしてくれる
  • 大きめのタイプが多く、1回で多くの食器を洗うことができる
  • キッチンの水道周りにしか設置はできない(デメリット)
  • 分岐水栓の取り付け工事が必要(デメリット)


 自動で給水をしてくれる便利さはあるものの工事が必要になるので、購入してから使い始めるまでに準備をしておかなくてはならないことがあるのが特徴です。

 

また蛇口の分解には専用の工具が必要になるため、工具を購入するか、業者に依頼をすることが必要となります。

 

なので、食洗機の購入費用の他に別途費用がかかってしまいます。

 

しかしながら、一気に多くの食器を洗えるものが多かったり、取り付け後はスイッチを触る程度で食器洗いができてしまうので、楽をしたいという方にはおすすめです。

 

 

住居、家族に合わせて食洗機を決める


自身の住居、家族に合わせて導入する食洗機を検討する
まずは、自分の住んでいる物件や、家族構成からどのような食洗機を購入したらよいかを考えましょう。

 

  1. 「給水式」か、「分岐水栓式」かを決める
  2. 洗いたい食器の量から食洗機の大きさを決める
  3. 設置場所を決める

 
この手順で「どの食洗機が良いのか?」を考えていきます。
 
まずは、「給水式」か「分岐水栓式」かを決めておくことがおすすめです。
 
蛇口によっては分岐水栓の設置ができないものもありますので、まずは自分の住居に分岐水栓の設置が可能かを確認しましょう。
 
わからない時には家電量販店で店員さんに相談をするとアドバイスをもらうことができますし、設置可能な蛇口かどうかを見てもらうことも可能です。
 
その上で、どちらの給水方式がいいのかをまず考えます。
 
その後、何人で使うものなのかを考えます。
 
というのは、食洗機の大きさは「何枚の食器を洗うことができるのか」に依存するので、1人当たり何枚の食器を使っているかを先ずは確認しましょう。
 
その上で出た数字+5枚ほどで考えておけば、ゆとりを持つことはできますし、よっぽどのことがない限り、1回で洗い切れます。
 
こうして大きさが決まってくると、購入するべき食洗機は絞られてきますので、最後は設置予定の位置を決めます。
 
この時、「縦×横×高さ」で食洗機がその場所に収まることは絶対なのですが、それに加えて、食洗機の手前も「高さ」と同じだけスペースが空いているかを確認します。
 
食洗機は大体、高さ分のドアがついており、それを開閉する必要があるので必ず食洗機の手前は高さと同じ分だけスペースを空けておくことで、ドアの開閉の妨げにならないようにしておきましょう。
 
以上で設置ができるのであれば、絞られた候補の中から機能や見た目で好きなものを選ぶのがおすすめです。
 
ちなみに食洗機の機能の差はほとんどが、乾燥機能を使っている時に現れます。
 
PanasonicだとナノイーXの送風による乾燥を売りにしていたり、他のメーカーだとUV除菌を売りにしているところもありました。
 

【補足】賃貸住宅で食洗機を使うときの注意点とおすすめの食洗機

賃貸住宅で食洗機を使う際にはまずは下記のことに注意をしてください。

 

  • 蛇口に手を加えていいのかを確認する
  • 退去時に分岐水栓の取り外しを忘れないように行う

 

賃貸住宅は言わずもがな借り物になりますので、先ずは設備に手を加えていいかを管理会社に確認をしてください。

 

ところによってはそういったことを一切禁止にしている物件もありますので後々のトラブルにならないためにも事前に確認をすることが重要です。

 

また、退去の際に原状回復の義務が入居者にはありますので、分岐水栓の取り外し工事をする必要もあります。

 

万が一取り外さないと退去時に修繕費として分岐水栓取り外し工事の費用が上乗せされる可能性があります。

 

自身で業者に頼むよりも割高になることが多いので、事前に対応をしておくことがおすすめです。

 

そういったことから考えると、賃貸住宅で使用をする際には、「給水式」の食洗機の購入を俺はおすすめします。

 

まとめ

以上が食洗機のメリットと食洗機を購入する際の注意点になります。

 

「時間をお金で買う 」という言葉がぴったりの家電で、非常に便利なのはいうまでもないかと思います。

 

食洗機の購入をお考えの方は是非参考にしていただけますと幸いです。

 

ちなみにですが、キッチンのスペースがかなり広いこともあり、俺は分岐水栓式の大きめの食洗機を導入予定です。

 

また導入しましたらレビューを書かせてもらいます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村