サボりは1日にしてならず。

MENU

【誰でも簡単】ブログのアクセス数を簡単に増やす方法15選【初心者】

はじめまして、きー(@sabori_key)です。

 

仕事の合間にブログを書いているのですが、ブログを書いていて最初に行き当たるのが「アクセス数が増えない。」という悩みだと思います。

 

実際、俺もブログ開設から半年間はアクセス数は全く意識をせずに取り組んでいましたが、それでは面白くありません。

 

「もっと人に見てもらいたい。」と思うのは普通のことだと思います。

 

今回解説するのは、

アクセス数を増やすために簡単に実践することができる方法をそれぞれどんな狙いがあって取り組むのか

をご紹介します。

 

ブログ初心者でも実践しやすい内容ばかりにしていますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

アクセス数はブログにおける最大の指標

f:id:keykuuun:20211027125905j:image

ブログを開設するにあたって、誰かに読んでもらいたい、収益化をしたい、自分のことを知ってもらいたいなどの目的があったと思います。

 

しかしながら、ただ闇雲にブログを書いていてもアクセス数は伸びないのが現実です。

 

まずはなぜアクセスが伸びないのかという原因から探っていきましょう。

 

インターネットには膨大な情報が溢れている

f:id:keykuuun:20211027125959j:image

当然のことではありますが、インターネットには数多くな情報が溢れています。

 

その中から、検索をすることによって「自分が知りたい」と思っていることを探すのですが、その情報の多さから自分のページに辿り着いてもらうまでが最難関です。

 

なので、まずはブログにアクセスしてもらうことを意識してブログを書く必要があります。

 

そのための手段として、SEO対策や他のブログとの差別化を図る必要があるわけですが、アクセスをしてもらえるのかはまた別問題です。

 

今回は、アクセスをしてもらうことに重点を置いて解説を行っていきます。

 

ブログのアクセスを増やす方法15選

以上のことを考えると、「そもそも難しいんじゃない?」と思う方も多いとは思いますが、そんなことはありません。

 

今から解説することをひとつひとつ取り組めば、アクセスを増やすことは可能です。

 

①【重要】まずは30記事を書く

ブログを開設して途中で心が折れてしまう人の多くの原因は「アクセスが伸びない。」だと思いますが、最初から爆発的にアクセスを伸ばすことのほうが難しいです。

 

それはなぜかというと、「ブログ内のコンテンツ量が少ない=アクセスをしてもらうきっかけが少ない」と言えるからです。

 

まずは30記事を書くことを目標にしてブログを書いてみましょう。

 

ブログは記事の数が多ければ多いほど、誰かのニーズに応えられることも増えます。

 

そのため、記事の量に比例してアクセスにも期待することができると言えるのです。

 

なので、まずは30記事を書くことが1番最初に取り組むべきこととなります。

 

②更新は定期的に行う

上記の事柄にも関連しますが、定期的にブログを更新しましょう。

 

この更新頻度の目安はありませんので、自分で目標を設定して、その納期までに必ず終わらせる習慣をつけます。

 

「1週間に1記事」というペースでもいいので、まずはブログを書く習慣をつけてください。

 

俺の場合は3日坊主にしてしまう性格だったので、荒療治ではありましたが、毎日何でもいいからブログを更新するように習慣づけました。

 

この時の記事は今見返しても酷いものが多く、現在鋭意加筆修正作業中ですが、何でもいいのでブログを更新するという習慣をつけてください。

 

ただ、この時に無理な目標を立てるとモチベーションの低下にもつながるので、自分のできる範囲で目標を考えることが重要です。

 

③自分の体験や主観を書く

自分の体験、主観、価値観を記事に書くようにしましょう。

 

そうすることで他のブログや記事との差別化を図ることができます。

 

独自の体験や価値観を書くことで、ユーザーに自分自身の思ったことや感想を伝えることが大切です。

 

検索から訪問してくださったユーザーに「こういう視点もあるよ!」「こういう風に便利だったよ!」と投げかけることでユーザーは更に深い情報を知ることができますし、そのユーザーになかった考え方の提示にもつながることがあります。

 

また実体験をベースにすることで説得力も増すのでブログ執筆のテクニックとしてはおすすめです。

 

④検索意図と記事の内容が合致しているかを確認する

検索をする方は「何か知りたいことがあって検索をしている」ので、記事の内容がそのニーズにマッチしている必要があります。

 

SEO対策に通ずる話ですが、「記事のタイトル」が「記事の内容」を的確に表しているようにしましょう。

 

それを確認するおすすめの方法として、

Google検索で自分が想定したキーワードで検索をしてみてください。

 

その上で1番最初に表示されている記事の分析をして、自分の書いた記事に何が足りないかを補うことで検索意図にマッチした記事を書くことができます。

 

この記事で言うと「ブログ」「アクセス数」「増やす」というのが大枠のテーマになっています。

 

 

⑤情報を最新のものに更新をし続ける

特にレビューブロガーやトレンドブロガーは1番注意をしておきたいポイントになります。

 

世の中の流れは早い上に、情報は常に更新し続けられています。

 

それゆえに自分のブログで書いた情報が古い情報になってしまうことがあるので、常にチェックを行ってください。

 

以前紹介した数値から変動がないのか?リンク切れがないのか?チェックする項目は挙げればキリがないですが、常に最新情報に更新することで信頼できる記事を作ることができます。

 

⑥文章のテンポを良くする

不特定多数の方が読むことができるブログだからこそ、文章の読みやすさ(テンポ)は重要です。

 

その上でチェックしたい項目が下記です。

  • 話の流れがわかりやすいか
  • 難読漢字、難しい言葉を使っていないか
  • 語尾に統一感はあるか
  • 誤字脱字はないか
 
推敲をする時に声に出して読んでみるとわかりやすいです。
 
自分で読んでいて、「言葉に詰まった」時や「読みづらい」と感じたところはすぐに修正をしましょう。
 

⑦ターゲットを想定して語尾を整える

どんな人に読んで欲しい記事なのかを意識してブログを書きましょう。

 

例えば、この記事だと「アクセスを増やしたいブロガー」をメインターゲットにしています。

 

その人たちに向けて書いているので、なるべく丁寧な表現を心がけています。その上で、難しい言葉は一切なしにしております。

 

「〜しろ!」「〜だ!」という調子で文章を書いてしまうと上から目線で読みたくなくなりませんか?

 

あくまでこの文章は「読んでもらいたい誰か」のために書いていますので、そのターゲットに適した言葉遣いをすることが大切です。

 

⑧記事に画像を挿し込む

記事の中に画像があるだけで、読みやすさが上がり離脱率が下がります。

 

皆さんも経験をしたことがあると思いますが、活字ばかりの本を読んでいるよりも写真が入ったものを読んだ時の方が読みやすく感じませんか?

 

更に、記事の内容に即した画像を挿し込むことで「どのようなことを言いたいのか」を視覚的に訴えかけることができます。

 

言葉だけで説明するよりも、ユーザーの理解は深まりますのでバランス良く画像を挿し込むようにしましょう。

 

⑨関連記事のリンクを文章中や記事の最後に貼る

ブログのユーザーは、興味があるので、その記事を読みます。

 

その内容に関連する事柄や、より深く知りたいと思った場合には関連記事のリンクを見てもらえる可能性があります。

 

そう言ったチャンスを逃さないためにも関連記事のリンクは必ず貼るようにしましょう。

 

記事の途中に貼る場合は「関連する内容で詳しく他の記事で紹介している」時にしましょう。

 

プラスαとして紹介をしたい時には記事の最後にリンクを貼ることで記事を読むことを中断することなく、他の記事の紹介ができるので、ユーザーを誘導しやすいです。

 

⑩記事のタイトルにインパクトを持たせる

記事の内容ももちろん重要ですが、記事のタイトルは更に重要となります。

 

というのも「数多くの場所で表示されることが多い」からです。

 

  • 検索結果
  • ブログ内の関連記事のリンク
  • サイドバー
  • SNSに共有した時
  • 他のサイトで紹介された時

 

こうしてみると記事の内容よりも表示される機会が多く、人の目に入ることが多いと言うことがわかります。

 

それゆえに興味を引くタイトルをつける必要があるのです。

 

もちろん、記事の内容に即したものにしておく必要はあるので、内容が分かりやすくインパクトのある記事のタイトルをつけましょう。

 

アイキャッチ画像を設定する

アイキャッチ」の意味を知らずに俺も使っていましたが、アイキャッチは「目を引く」という意味だそうです。

 

文章や文字よりも視覚的に訴えかけることができるアイキャッチ画像は効果が強いです。

 

特に外部の人がわかりやすいように設定しておくことで文字を読まずに何となく記事の内容がわかりやすいようにできます。

 

必ず設定をしておきましょう。

 

⑫外部リンク(ブログランキング)を設定する

ブログランキングなどに参加をしましょう。

ブログランキングは名前の通り、「ブログのアクセス数をランキングするもの」になります。

 

外部からの流入に期待ができるので登録しておいて損はないです。

 

俺が使っているのは「にほんブログ村」です。

 

記事の最後に毎回バナーを設定していますが、クリックをしていただくことでランキングを上げ、新規ユーザーの獲得ができないかと目論んでいます。

 

ジャンルによっては登録から数日でアクセスランキング上位に食い込むことも可能です。

 

ランキング上位になれば、必然的にアクセスユーザーは増えるのでおすすめです。

 

⑬画像サイズの設定を行う

記事に差し込む画像のサイズの調整を行います。

 

小さすぎると何が貼ってあるのかわかりづらくなり、大きすぎると文章を読みづらくしてしまうのでユーザーの離脱につながる原因にもなります。

 

画像は確かに大事なのですが、その画像を活かす環境を整えましょう。

 

文章の邪魔をせずに、どんな画像か分かり易いようにしておくのがおすすめです。

 

SNSを活用する

ブログ開設と同時にSNSのアカウントを作成することをおすすめします。

 

中でもTwitterは運用がしやすいので、必ずブログ用のアカウントを作成して、記事を更新した場合にはツイートをするようにしましょう。

 

狙いは単純に新規ユーザーの獲得です。

この時にサーチに引っかかるように文章を作って投稿をするとフォロワー以外の流入も見込めます。

 

また検索からのアクセス獲得までは時間がかかりますが、SNSなどからの流入即効性があるので、活用しない手はありません。

 

最初はフォロワーが少ないので効果は薄いですが、フォロワー数に比例してアクセスを見込めます。

 

しっかり運用をしてフォロワーを増やすことから始めてみてください。

 

⑮共有ボタンを設置する

ブログに共有ボタンを設置しましょう。

 

先ほどの内容に付随しますが、自身の記事を誰かに共有をしてもらうことで自分の手が届かない範囲のフォロワーに広告をしてもらうことができます。

 

フォロワーのフォロワーに自分の記事を広めてもらうという方法になるのですが、その中の1人でも興味を持ってもらえれば新規ユーザーの獲得にも繋がりますし、さらにシェアをしてもらえれば他ユーザーへの広告をしてもらうことに繋がります。

 

時代背景にあったSNSの活用はかなりの効果が現れやすいので、活用をしていない方はすぐに活用をしましょう。

 

まとめ

Point!
  1. 30記事投稿
  2. 定期更新
  3. 実体験ベースの記事
  4. 検索意図と内容
  5. 情報の更新
  6. 文章のテンポ
  7. ターゲットと語尾
  8. 画像の挿入
  9. 関連記事
  10. タイトルのインパク
  11. アイキャッチ画像
  12. 外部リンク
  13. 画像のサイズ
  14. SNSの活用
  15. 共有ボタンの設置

 

以上の15項目がアクセスを増やすために簡単にできる施策になります。

 

とは言っても、全てを一気に片付けるというのは至難の業ですので、1つ1つ意識して取り組んでみてください。

 

まず初心者ブロガーは30記事を書き上げることを目標に取り組みましょう!

 

全部取り組んでみたけど、アクセスが上がらないという方はまだまだ改善の余地がある証拠です!

 

少しでも気になったところがありましたら、そちらを改善してみてください!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村