サボりは1日にしてならず。

MENU

猫の多頭飼いを始めるときの注意点と押さえるべきポイント

f:id:keykuuun:20210819165250j:image

 俺は寂しさを紛らわせるために猫を飼っているんだけど、ついにもう1匹お迎えをする決断をした。というのも、俺が仕事に行っている間、1人じゃ寂しいだろうからという人間のエゴなんだけど、猫を飼い始めるときは実は注意しておきたいポイントが多い。

 

今回は猫を飼うときの注意点と多頭飼いを始めるときに気を付けておきたいポイントを紹介したい。

 

 

猫を飼うときは経済状況と相談する

まず初めに一番大事なことを言っておきたいんだけど、猫だけじゃなくてペットを飼うときは自分の経済状況をしっかり見直してほしい。当然ながら生活を共にするわけだから、自分一人の生活費とは別に生活費が必要になる。衝動飼いはマジでダメ。

 

それに人間ほど他の動物は頑丈じゃないからストレスとかで体調も崩しがち、生活費とは別に病院に通っても問題がないくらいの経済的余裕は欲しい。

 

猫が増えればその分費用は増える

当然ながら、猫が増えるとその分生活費は増えるし、必要になってくる費用は多くなる。お金の話ばかりで申し訳ないんだけど、それだけ飼い主には金銭的余裕と責任が求められることはわかってほしい。

 

多頭飼いをするときの注意点

f:id:keykuuun:20210819165322j:image

ここから本題なんだけど、多頭飼いを始めるとわかるのが、「1匹だけ飼育しているとき」とまるで飼育に関して気を使うところが違うんだ。1匹なら余裕だと思って2匹も変わらないという考えは今すぐ捨てて欲しい。

 

経済的な余裕は2倍以上必要

多頭飼いを始めるにあたって気をつけなくてはいけないのが自分の経済状況で1匹の時よりも2倍以上の経済的な余裕があった方がいい。というのも、猫はかなりデリケートでストレスを感じると風邪になったり、自分の毛で目を痛めたりして結膜炎になったりする。1匹だけでも。

 

2匹になると喧嘩して怪我をしたり、お互いをストレスに感じて体調を崩してしまうこともあるんだ。1匹の時よりも体調を崩しやすい。

 

それに定期的なワクチンの接種をする必要があったり、地味に医療費がかかる。設備もトイレは猫の数だけ準備をしておきたいし、年齢が違うならご飯を変える必要もあるんだ。単純に1匹飼っているときの倍以上のお金がかかると言っても過言じゃない。

 

住環境の整備ができているか

猫はストレスに弱い。弱いというか激弱。住環境にすらストレスを感じてしまうことがあるから、環境を整えておくのは必須。

 

キャットタワーみたいな高低差がある遊び場はもちろん必要だし、それぞれの家やくつろげるスペースを準備してあげることが大切なんだ。というのも、他の猫の匂いを感じることでストレスになってしまうから。だからおもちゃも最初は極力違うもので遊んであげたい。

 

先住猫の体調が悪いならお迎えはNG

もともと猫を飼っている環境に新しい猫を迎え入れる場合、ノミや感染症のリスクがあるんだ。元からいる猫が体調不良に侵されていないかをしっかりチェックしておくことで、新人猫に移すこともなくなるし、トラブルは減る。

 

万が一、体調を崩している場合は猫をお迎えするのを一時的に見送りたい。

 

猫の相性を見てあげる

一概にどの猫との組み合わせがいいとかはないんだけど、相性が悪いと仲良くなるまでに時間がかかったり、すぐに喧嘩をしてお互い傷つけ合ってしまうことがあるんだ。

 

1番おすすめなのが、子猫同士で、どちらも若ければ若いほどいい関係は築きやすい。性別も関係があるらしいけど、年齢よりも大きく関係はないから、安心してほしい。

 

新入り猫を迎える時の対応

ここからは新入りを迎え入れるときの注意点を解説していく。実は実際に家に連れてきてからが一番注意しておくポイントなんだ。新入り猫を迎え入れたとき、そのまま部屋で放し飼いをするのは絶対にNGだき、間違った方法で迎え入れてしまうと猫同士でトラブルを起こすことがあるから、注意してほしい。

 

生活空間を分ける

早く仲良くなってほしいと思うのが飼い主の本音だろうけど、元来動物はナワバリ意識が強いから、まずは別々に生活をさせて空間に慣れさせることが大切なんだ。

 

デリケートな猫だからこそまずは環境に慣れてもらうのが大切で、突然、他の猫と生活を共にすることになるのはストレス負荷が大きいから体調を崩す原因になりやすい。

 

部屋を仕切ったり、ケージを活用して別々の生活をさせてあげることが重要。このときにおすすめなのは新入り猫を1週間ほどケージに入れたまま生活をさせる方法で、先住猫は今まで通りに生活させてあげることなんだ。

 

家の匂いや、空間に慣れてもらえるし、ケージがあるので喧嘩を抑制することもできる。

 

お互いの匂いに慣れさせる

タオルやおもちゃを活用してお互いの匂いに慣れさせていく。家に来てすぐだと猫にストレスがかかってしまうから、お迎えしてから2日ほど経ってからの方がおすすめ。ゆっくり匂いに慣れさせることで敵対意識を薄れさせていか必要がある。

 

近くで見守りながらケージ越しに対面させる

匂いに慣れてきたら、喧嘩をしないように見守りながらケージ越しで対面をさせる。お互いの存在を認識してもらうために行うだけなんだけど、十中八九どちらかが威嚇をする。そりゃそう猫だもん。必ず、人が見守る環境で危なくないように対面をさせてあげることが大切。

 

ケージなしでの対面

最後の段階としてケージなしで対面をさせる。この時必ず喧嘩をしないように見守るのは変わらない。しっかり様子を見ておいてほしい。

 

猫は爪が細く鋭いから、軽い猫パンチで怪我を負わせてしまうこともあるから、じっくり対面をさせてあげることが大切なんだ。お互いが喧嘩しないように見守りながら5分程度の時間対面をさせる。慣れてきたら徐々に時間を伸ばしていくことで最終的には放し飼いができるようになる。

 

威嚇や喧嘩をしてしまえときの対処法

威嚇をやめないことや、喧嘩をすぐにしてしまうことはあるんだけど、その時は段階を下げてゆっくり慣れさせていくことしかできない。無理に一緒に居させようとするとより関係性は悪くなってしまうから、無理矢理一緒に居させるようにすることは避けたい。

 

猫によって様々なんだけど、3ヶ月くらいしないと慣れない子もいるから、急がずゆっくり仲良くなってもらうことを念頭に置いておいてほしい。

 

【最重要】両者にとってストレスのないケアをしてあげる、優先するのは先住猫

子猫に関しては感染症に罹っていないかをまずは確認したい。というのも先住猫に移してしまったら元も子もないから。優先してあげるのは先住猫だということは必ず意識をしたいポイントなんだ。

 

新入り猫を優先しすぎてしまってもストレスになってしまうから、必ず先住猫の生活リズムを狂わせることがないようにしっかり愛でてあげることを意識したい。もちろん今まで通り1対1で接してあげる機会を作ってちゃんとケアをしてあげるようにしてほしい。

 

2匹以上の猫を飼うときは注意が必要

  • 金銭的な余裕
  • 先住猫のケア
  • ストレスフリーな環境
  • ゆっくり慣れさせる

 

これらのことを徹底してあげることがお互いにとって大切。地味に大変なんだけど、みんな仲良く生活できることが最重要なんだ。