サボりは1日にしてならず。

MENU

【話術】コミュ力は一切必要ない!現役営業マンが教える誰とでも会話ができるようになる方法【ブログで使えるテクニックあり】

f:id:keykuuun:20211125195737j:image

おはようございます!きー(@sabori_key)です!最近ブログ記事の執筆が疎かになっておりました。仕事が忙しくて…失敬失敬…

 

さて、話は変わりまして、皆さん会話は得意ですか?ざっくりとした質問に驚かれたと思います。

 

営業マンをしていると「知らない人と話をするなんて大変そう…」なんてことをよく言われます。結構知らない人と話するのは苦手という方が多いようですね。実際はそんなに大変ではありません!

 

というのも、あるテクニックを駆使するだけで、誰とでも会話は簡単に繰り広げられるようになります。テクニックというと難しそうな気がしますが、全く難しくもありませんよ!

 

現役営業マンである僕がその方法を徹底解説します!この方法はいろんな場面で使えますよ!例えばそう…ナンパ…とか?

 

 

会話にコミュニケーション能力は必要ない!

f:id:keykuuun:20211125195836j:image

営業をしているとよく言われるのが「コミュ力(コミュニケーション能力)が高いね!」。

 

これは大きな間違いです。僕のコミュ力はゴミです!「またまたそんなご謙遜を…」という声が聞こえてきそうですが、実際にゴミなので仕方がありません!本当に人と話すの苦手なんですよ…自分…

 

プライベートでキャッチのお兄さんに話しかけられるととてつもなく挙動不審な態度をとってしまいますし、昔までは女の子とまともに会話をするのも一苦労でした…

 

ですが、実は会話をする上でコミュニケーション能力というのは全く必要がありません!大事なのは「きっかけを掴む」。ただこれだけなのです!

 

会話で1番重要なのは「きっかけ」

会話をする上で1番重要になるのは「きっかけ」だと僕は思っています。逆にこのきっかけさえうまく掴むことができればその後の会話はスムーズに展開できます。

 

とはいえ、きっかけ作りが1番難しいですし、勇気がいるんですよね…わかります。

 

ですが、勇気さえあればきっかけなんてこれから紹介する手法で簡単に作ることができます。

 

そのきっかけを作る手法を「アイスブレイク」なんていいます。

 

アイスブレイクとは…

突然専門用語が出てきましたが、アイスブレイクについて解説します。

 

アイスブレイクとは、氷を解かすことの意味。初対面の人同士が出会う時、その緊張をときほぐすための手法。集まった人を和ませ、コミュニケーションをとりやすい雰囲気を作り、そこに集まった目的の達成に積極的に関わってもらえるよう働きかける技術を指す。(※wikipediaより引用)

 

なんやら難しく書いてありますが、相手の緊張を解きほぐすことを目的に行います。要は会話しやすい雰囲気や場を作るイメージです。では実際にアイスブレイクで僕たち営業マンが行っている手法を紹介します!

 

実際アイスブレイクって何をしたらいいの?

f:id:keykuuun:20211125195859j:image

具体的な方法がわからないままでは何をしたらよいかわからないですよね?まずは話しかけてください。こればかりはどうしようもないです。挨拶とかでいいですから。問題はその次、どう会話を広げるかだと思います。

 

仕事上でよく使う手法としては下記。

 

  • 褒める
  • 共感する

 

実はこの2つだけなんです!そう考えてみるとすごい簡単に思えますよね?安心してください!実際に簡単です!

 

①褒める

f:id:keykuuun:20211125195928j:image

これは言葉のままです。相手を褒めましょう。服装でもなんでもいいです。「素敵な服着てますね」とかそんな程度でいいです。さりげなく褒めてみてください。

 

褒められることを嫌がる人はいないです。あからさまに褒めすぎると警戒されることはありますが…やりすぎることがなければ問題はありません。褒めましょう。そして相手が気分良くなってくれるように働きかけます。この時点で、「胡散臭い人」か「いい人かもしれない」のどちらかになります。

 

余談ですが、基本的に3つ褒めて、1つ質問するのが有効だと僕は教わりました。実践してみると答えづらい質問でも回答してもらえることが多いです。

 

②共感する

f:id:keykuuun:20211125195952j:image

これの狙いとしては、「理解者であることを示す」ことにあります。なので、相手を否定しないようにしましょう。

 

無意識に「でも〜」や「だって〜」という枕詞を使う方が多いと思いますが、否定する枕詞は絶対にNGです。これ、女性にやってしまうとケンカの素になるので、奥様の機嫌を取りたい旦那様とかは本当に気をつけてください。

 

会話を盛り上げる上で必要になるのは「いかに相手の気分を害しないか」です。

 

自分が思っていることを伝えたい時には、「そうだよね〜」と共感してから、質問を投げかけるようにしてください。それだけで話は広がりやすくなります。

 

アイスブレイク後は話を展開させる

f:id:keykuuun:20211125200020j:image

唐突に「話を展開させる」とかいうと、「なんだよ、結局コミュ力じゃん…」と思うかもしれませんが、そういうわけではありません!

 

ここでいう話を展開させるというのは「話の流れに乗って会話をする」ということです。

 

例を挙げます。

 

僕「その服かわいいね」(褒める)
相手「ありがとう!」
僕「どこで買ったの?」
相手「○○ってお店!」
僕「いいお店だよね!○○って結構高くない?」(共感)
相手「そんなことないよ〜」

 

どうですか?割と自然な流れじゃないですか?僕の脳内シュミレーションで書いてる話なので、流れは自然なのは当然ではありますが、会話が上手い人の話の展開はこのような流れが多いです。

 

テレビでMCをしている芸人さんとかそうですよね。フットボールアワーの後藤さんの話の展開とかはまさにこのような話の流れです。わからない人は「今夜くらべてみました」でも見てみてください。話の展開のさせ方の勉強になりますから。

 

相手の話を聞いて、気分を害さないレスポンスをすることで、その後のツッコミや話の展開がしやすくなるという手法です。

 

うまくアイスブレイクができていると多少強引に話の展開をしても相手は付き合ってくれます(経験談)

 

アイスブレイクが生きる瞬間は日常生活に溢れている

f:id:keykuuun:20211125200105j:image

営業や仕事上のテクニックと言われているアイスブレイクですが、この手法は至る所で活躍します。

 

学校のコミュニティに属している場合、立場が悪くなることはありませんし、ナンパ師もこのテクニックを使っている方が多いそうです。ナンパ師の場合はまずそもそも相手にされないこともあると思いますが…

 

初対面の相手と会話をするのは難しく感じますが、こうしたテクニックを織り交ぜることで簡単に会話ができるようになりますよ!機会があったらぜひ挑戦してみてください!

 

【追記】稼ぐブロガーはアイスブレイクが上手

会話をする上でのテクニックとして今回アイスブレイクを紹介しましたが、実はこのテクニックはブログでも活躍します。

 

ブロガーの皆さんは、本題に入る前に、導入文を書いている方が多い印象です。これは「これからこんな話をしますよ〜」と読み手に簡潔に伝えているわけなのですが、その文章の中にアイスブレイクのテクニックを織り交ぜている方が多いです。

 

流石に文章媒体かつ、不特定多数の人に向けて書くものなので「褒める」ことは簡単ではありませんが、「共感」を喚起する文章を使われている方が多いですね。

 

問題提起をする際に共感をしてもらうことで、ユーザーに文章を読ませるように誘導しています。そのため、問題提起で共感してもらうための工夫をされている方が多いです。

 

例えば…

 

部屋を清潔に保つために、掃除機をかける必要がある。とはいえ、掃除機をかけるのは煩わしいという方が多いのではないのでしょうか?かくいう俺もそうなんだ。この面倒な作業を解決するためにルンバを購入したから、早速レビューをしていきたい。

 

この文章に共感をしてもらいたいターゲットや共感をしてもらいたい内容、ワードが散りばめられていますね!

 

実はこのようにブログにもアイスブレイクのテクニックを使っている方は非常に多いです。

 

導入文を書くのが苦手という人は、どんな人に共感してもらいたいのかを意識して書くと書きやすくなります、その上読んでもらえるのでブログの滞在率は大幅に上がりますよ!