サボりは1日にしてならず。

MENU

劇場版『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』公開記念。TV版交響詩篇エウレカセブンのオープニング、エンディングテーマを振り返る。

f:id:keykuuun:20211204154101j:image

2021年11月26日(金)より交響詩篇エウレカセブン劇場最新作にして3部作の完結編である『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューションが公開されました。

 

今作はアニメ版エウレカセブンの知識がなくても見られる内容、つまりは完全なるリメイク作品として劇場公開されています。

 

かくいう僕は完全に世代ど真ん中で、テレビアニメ版は全てを見ました。ボーイミーツガールを題材にしたSFロボットアニメの金字塔だと思っています。とはいえ、今回の劇場版は3部作のどれも未視聴です。というのは、全て完結してから一気に見てしまいたいと言う思いに駆られたわけで、興味がなくなったわけではありません。

 

内容は大きく改編されているようで、エウレカセブンを知らない人も知っている人も楽しめる内容だということは、耳にしておりますので、非常に楽しみではあります。

 

話は変わりますが、交響詩篇エウレカセブンと切っても切り離せないのが、楽曲だと僕は思っています。名曲揃いなのはいうまでもなく、作品にも音楽に関連する言葉が多く出てくるのです。

 

今回は、懐かしい気持ちに浸りながら、エウレカセブンのTVアニメ版のテーマソングを振り返っていこうと思います。

 

 

交響詩篇エウレカセブン

エウレカセブンは4クール全50話のアニメーション作品になります。ロボットアニメではありながら、ボーイミーツガールを主軸に据えて主人公のレントンエウレカの心の動きを繊細に描いている作品です。思春期故のすれ違いや思い違い、思いのぶつかりを経て2人が世界を救います。

 

主人公たちだけでなく、魅力的なキャラクターが多くそのキャラクターに魅了されたという方も少なくないでしょう。しかも、それぞれの恋模様や価値観というものも描かれるため、かなり見応えがある作品です

 

それぞれの恋模様や話が進むにつれて揺れ動く気持ちの変化がただのロボットアニメとは一線を画す内容になっています。

 

なにより、一途な思いを貫くのがかっこいいです。

 

話はそれましたが、今回お話しするのは、この作品と楽曲の組み合わせの素晴らしさ、そして、切っても切り離せない音楽と交響詩篇エウレカセブンの関係性です。

 

サブタイトルにもさまざまなアーティストの楽曲名が使われており、制作者が意図して音楽との強い関係性を打ち出しています。

 

全てを語ると長くなるので抜粋してご紹介。

 

 

このように各話についているサブタイトルも楽曲関連で付けられています。それゆえにテーマソングや劇中の音楽にもかなりの力を入れて制作されているのがこの作品の特徴です。今聞いても名曲揃いなので知らない人はこれから紹介する楽曲を是非聞いてみてください。

 

OP1 DAYS / FLOW

DAYS

DAYS

  • FLOW
  • ロック
  • ¥255

 

数々のアニメ作品の主題歌を歌うFLOWの楽曲。はっきり言いますが、僕は未だにFLOWの楽曲ではこの『DAYS』が1番好きです。

 

これから何が始まるだろう…とワクワクさせるイントロ、サビ前からサビへの切り替わり、どこを切り取っても名曲と言える1曲です。

 

個人的にイントロでレントンがボードに乗りながら空を飛ぶシーンが印象的です。また1曲目のオープニングにして作品終盤の伏線が至る所に映像として登場します。映像も併せて最高の一曲です。エウレカセブンAOの2クール目オープニングテーマ『ブレイブルー』はこの楽曲のアンサーソングとなっています。憎いね!

 

ED1 秘密基地 / 高田梢枝

秘密基地

秘密基地

  • 高田 梢枝
  • J-Pop
  • ¥255

 

ノスタルジックな雰囲気と王道のエンディング感がクセになる一曲。どこか懐かしさを覚える作品です。黄昏ている時に流れてくると少し涙腺にきます。力強い歌声なのにどこか癒される高田梢枝さんの歌声も必聴です。

 

OP2 少年ハート / HOME MADE 家族

少年ハート

少年ハート

 

大人になっても少年の心を忘れないことが大切だと感じる言葉を乗せて、アップテンポに歌い上げたナンバー。男の人なら感じることが歌詞に散りばめられており、共感してしまうフレーズが多くあります。背中を押してくれるような一曲です。

 

ED2 FlyAway / 伊沢麻未

Fly Away

Fly Away

  • 伊沢 麻未
  • J-Pop
  • ¥255

 

落ち着いた声と歌のテンポがクセになる一曲。サビは小気味よく思わず口ずさんでしまうような一曲。中毒性が高いです。

 

OP3 太陽の真ん中へ / Bivattchee

太陽の真ん中へ

太陽の真ん中へ

 

今までと打って変わって疾走感と力強さが特徴の楽曲。エウレカセブンの楽曲では僕は1番好きです。ブルーハーツを彷彿とさせるロックナンバー。オープニング映像の小ネタとして話数が進むごとにアネモネの表情が変わります。

 

空を自由落下していくエウレカを抱き寄せるレントン。終始空中の映像ではありますが、これほどまでに印象に残っているオープニングは他にはありません。ほんと好き。

 

ED3 TIP TAPS TIP / HALCALI

Tip Taps Tip

Tip Taps Tip

 

脱力系ラップ。女性アーティストの楽曲です。耳に残るラップ歌詞がクセになる一曲。ED映像として女性キャラクターの日常を描いています。オープニングとの対比で見事バランスを取っていると僕は思っています。

 

OP4 sakura / NIRGILIS

sakura

sakura

 

エウレカのアニメ版最後のオープニング、明るい曲調とアメイジンググレースを軸にしたサウンドが面白い一曲。これぞNIRGILISという一曲。まさに楽曲遊びの最終系。最後を飾るに相応しい最強の一曲。アニソンとしての完成度も高すぎて言葉が出ません。

 

ED4 Canvas / COOLON

めちゃくちゃいい楽曲なのにiTunesになかったのでリンクは貼りません…残念…

 

しっとりとしたサウンドと優しい歌声が気持ちいい一曲。ザエンディングといえるような音楽です。なぜiTunesにないのか疑問。頼むから追加してください。

 

挿入歌 虹 / 電気グルーヴ

 

日本のテクノサウンドの重鎮、電気グルーヴの名作と呼ばれる一曲。最終話で挿入歌として使われていますが流れるタイミングも完璧で思わず声が漏れてしまいました。最高。

 

挿入歌 storywriter / SUPERCAR

STORYWRITER

STORYWRITER

 

エウレカセブンの楽曲で1番の名曲とも名高い楽曲。まさに不朽の名作、名曲とも言える一曲です。挿入歌として流れるシーンが多かったのでこの曲を聴くとアニメのワンシーンを思い出すという方も多いと思います。

 

交響詩篇エウレカセブンの楽曲は名曲揃い

僕から言えるのは交響詩篇エウレカセブンに使われている楽曲は名曲揃いだということです。その上作品としての完成度も高いので、アニメを見てみてください!もしくは聞いてみてください!それしか言えません。

 

古い作品ではありますが、未だに色褪せることない名作です!興味を持った方は是非試聴してみてください!ちなみに僕はアネモネが大好きなので、早く映画(特に2作目)を見たいです!